啓明学館高等学校 新着情報

2021年女子硬式野球部創部

2021年4月より、啓明学館高等学校に県内2校目となる女子硬式野球部を創部する運びとなりました。

 

啓明学館高等学校は名古屋駅から一番近い私立女子校で、増加している女子野球選手の野球を続ける環境を整え、野球を通じ人格形成をしていく目的から、2020年4月に同校女子硬式野球同好会を設立し、現在部員4名で活動をしております。練習場所は、啓明学館高等学校七宝キャンパス(あま市七宝町)に専用グラウンドがあり、野球に打ち込む環境が整っています。

 

2020年11月14日(日)に至学館大学野球場(大府市)で行われた中部女子硬式野球第2回交流試合(通称:センターリーグ)に連合チームとして初の公式戦出場を果たしました。来年度より正式に「女子硬式野球部」として創部し単独チームとして本格的に活動をしていく予定です。

 

地域の方からは、「頑張ってね!」「みんな元気いっぱいだね!」と非常に暖かいお言葉をかけていただいております。「応援される部活動」を目指し、地域密着で活動をしていきたいと考えております。

 

初代監督には、男子の高校硬式野球部での指導経験もある、同校社会科教員小坂知勢(24)が就任いたします。野球を通して、礼儀や人間形成を重んじ、今後も野球を続けていきたいと思えるような指導をしていく所存であります。

 

まずは2021年4月に部員11名を揃えて連盟に登録をし、同年7月に兵庫県丹波市で開催される「全国高等学校女子硬式野球選手権大会」に単独チームとして出場する予定です。

2021_com

写真1 集合写真 - コピー