啓明学館高等学校 新着情報

校長コラム 10月

 3年生の皆さんは校内選考も終わり、いよいよ入社試験・推薦入学試験の本番を迎えます。11日を大切に落ち着いて過ごしてください。自分が今までやってきたことに自信をもって臨んでください。自分がこれから立ち向かう壁に対し、余裕と笑顔でそれを楽しむように臨んでください。皆さんが積み重ねた努力はきっと結ばれると思います。先生が入学式の式辞で皆さんにお願いした「成せば成る」です。

アメリカの前大統領も演説の中で何度も繰り返していた言葉「We can !」です。

 

 さて、2学期も中盤に入り学校生活も徐々に落ち着きを取り戻しているようです。部活動も対外的な活動制限が緩和され活発化しているようです。本当の意味で啓明学館高等学校の学校生活が取り戻せたらと望んでいます。どんな学校行事も制限なく多くの人が集まり、楽しく有意義に行うことができればとても良いことだと思います。そのような日が早く訪れるよう私たちは初心に帰り、新型コロナ対策に向き合い充分注意をして日々を過ごしていきたいものです。

 

 ところで10月は神無月といわれ、日本中の神様が出雲大社に集い今年の報告や来年のことを相談しているそうです。神様がいなくなるということで神無月といわれるそうです。話し合いの議題の1つに、人の運命を定めるというものがあり、誰と誰を結婚させるのかが決められるそうです。そのため出雲大社は縁結びの総本山とも言われます。

 

そういうことで10月は神様がいなくなる月です。「神頼み」ではなく何事も自分の力で自分を信じて入社試験・入学試験に挑んでください。

 

 問題We can」と唱えたアメリカ前大統領は誰でしょう。

 問題出雲大社は何県にありますか。

ちなみにこの県では10月を「神在月」というそうです。