啓明学館高等学校 新着情報

校長コラム12月

 今は新型コロナも収まりつつあり、日常生活がいろいろなところで戻ってきています。皆さんの周りの生活はどうですか。社会全体にも活気が戻り、人々にすこしずつ笑顔が見られるようになったと思います。しかし、専門家の提言では油断できない状況で、「今後コロナウイルスがどのように変化し再流行するか未知数である。第6波がやってくる可能性は大きい。年度末から来年3月までが一つのポイントである。」とのこと。私たちも常にその対策に留意して一人一人が自覚して過ごしていきたいものです。

 

 さて、今年はその新型コロナの影響で休校があったため冬季休暇が短縮され、終業式も12月27日となりました。少し変則的となりましたが皆さんはしっかりとした学校生活を送ってください。年生の皆さんは進学に向けて試験勉強に真剣に取り組んでください。1・2年生の皆さんは自分の進路をしっかりと定めそれに向かって自分が行うべきことを見定めてください。

 

 話は変わりますが、皆さんは「主張」という言葉を知っていると思います。自分の思いを言葉にして相手に強く訴えるというような意味があります。自分の意見を言うには根拠やデータをもとに筋道を立て「なぜそう思うのか」を話すことが大切です。その場逃れで思いついたような発言は内容が乏しく相手を説得できません。先生も話をしていて反省をするときがあります。日頃からしっかりとした考えをもって話したいものです。

 

 年末年始はいろいろな面で油断することも多いですが、生活リズムを守り元気な笑顔で始業式を迎えましょう。

 

 おまけ 12月は「師走」といいますが。なぜそのように言うようになったか調べてみてください。いろいろ面白い説がありますよ。