啓明学館高等学校 新着情報

校長コラム8月

 楽しい夏休みどのように過ごしていますか。変わらぬ日々の中に思いもかけない発見をした人や、何か新しい自分を見つけた人もいるかもしれません。

 

 ところで、皆さんは自分に何ができるか考えたことはありますか。今までは与えられた環境の中での生活が中心で何事も当たり前のように過ごしている人も多いのではないでしょうか。でも少し社会全体に目をむけてみませんか。

 

 今国際的に注目されていることの1つにSDGs (持続可能な開発目標)17の目標というものがあります。皆さんもきっとどこかで、何かで聞いたり目にしたりしたことがあると思います。ここに17の目標をすべて挙げませんが、一度どんな目標があるのか自分で調べてください。ひとつひとつ見ていくと今の自分にもできることがきっとあります。17の目標には大きなものもあれば、私たち身の回りで可能なこともあります。まずは自分が関心を持ったこと、興味があったことなどを見つけ、それに対して自分ができることを考えることもよいのでは。

 

 これから皆さんは18歳になれば高校生という立場で成人し、社会の一員としてある種の責任を持って暮らしていく義務があります。人に何かしてもらうという受け身的な環境から、自分が周りの人達に何ができるのかを考え、行動できるようになっていくことを期待します。どんなことでもコツコツと継続しやり遂げることが大切です。

 

 私たちにできること 「健康に気を付ける・資源を大切に・環境問題・人権やジェンダーなど平等な社会」などなど、少し周りに注目すればできることはたくさんあるよ。