啓明学館高等学校について

建学の理念

建学の理念

人間の本質に根ざし、豊かな知性と円満な人格を培い、
社会人として責任を果たし、
もって国の発展と人類の福祉に貢献しうる人材の育成を目的とする。

本学園の創立者亀井鈷之助は、大正13年(1924年)女性が社会で貢献するには「手に技術、身に婦道」と考え、現在の場所に愛知女子商業学校を創設し、実業教育の充実をはかると共に本学園の礎を築かれました。
その後、社会は激しく変動し、それに応じて教育の制度や内容も著しく変化してきました。社会が変動すれば学制や教育内容が変わるのは当然でありますが、しかしその変化はどこまでも進歩であり改善であるべきであります。
本学園は、創立から脈々と受け継がれ培ってきた女子教育に徹し、さらなる伝統の創造をめざし、時代と社会の動向に応じた教育の実施に努むべきものと考えております。

校訓

自治
自己の主体性を確立し、誇りを持って自らの向上につとめる。
良識
何事もすぐれた見識がもてるよう、健全な判断力を養う。
責任
自らも社会の一員であることを自覚して、自己に課せられた責務をやりとおし、社会全体の為に奉仕する。